夏コミ新刊ユーフォ本、書店委託してます。
虎の穴、メロンブックス)

2016年12月29日

コミックマーケット91告知

 告知が直前になってしまいましたが。

 冬コミ2日目(12月30日)に、サークル「麦畑」としてサークル参加してきます。スペースは東A-57aです。今回も壁配置となっています。

 新刊は以下の通りです。(全て「響け!ユーフォニアム」本です)

161225a.png
「北宇治吹部活動日誌その4」 オフセット・32P・イベント頒布価格500円
ユーフォのオールキャラでのネタまんが(Twitterにアップした1ページ漫画を集めたもの)に4Pの漫画を追加したものです。
Twitterにアップしたものを多少修正しつつ、それぞれのネタにコメントを追記してあります。

161225b.png
「ひみつの北宇治吹部活動日誌」(オフセット・フルカラー・20P・イベント頒布価格400円)
こちらもユーフォのオールキャラで、キャラの下着姿をテーマにしたフルカラーのイラスト集です。

161225c.png
「北宇治吹部活動日誌ワンツースリー!」(オフセット・92P・イベント頒布価格800円)
こちらは過去3回のコミケで頒布したユーフォ本3種類をまとめた総集編になります。
多少修正を加えていますが、追加した内容はありません。

なお、「その4」と「ひみつの」の新刊2種類を1セットご購入いただいた場合、今回の会場限定の折り本(オフセット・8P・非売品)を特典としてお付けいたします。搬入数はフルカラー本よりも多いので、新刊をセットで購入された方には間違いなくお付けすることができます。新刊がどちらか先に持ち込み分完売になった場合は、もう片方の新刊を1部購入いただいた場合に1部お付けいたします。

 それ以外の既刊については、SHIROBAKO本3種類、ガルパン本1種類を持参します。興味ありましたら手に取ってご覧ください。

 なお、スケブは今回もお受けいたしません。ご了承ください。

 あと、差し入れの類は基本的には不要ですので、あまり気をつかわれないようお願いいたします。

2016年12月19日

WUG続編の話とか

 冬コミの頒布予定については後日画像付きで正式な内容をアップしますが、とりあえず簡単に。

 今回新たに発行した同人誌は、
「北宇治吹部活動日誌その4」(2期中心のコメディ漫画 500円)
「ひみつの北宇治吹部活動日誌」(フルカラーイラスト本 400円)
「北宇治吹部活動日誌ワンツースリー!」(総集編・北宇治吹部活動日誌の3冊目までをまとめたもの 800円)
となります。

 全て「響け!ユーフォニアム」の本になります。

 総集編は多少修正を入れています。フルカラーイラスト本はキャラの下着姿メインのものですが、全年齢向けではあります。「その4」はツイッターにアップした1ページネタ漫画をまとめて、それに4ページの短編漫画を加えたものになります。

 あと、現在制作中ですが、冬コミ当日に「その4」と「ひみつの」を1セットご購入いただいた場合に、会場限定の8Pの小冊子「北宇治吹部活動日誌その4.1」(折っただけでホチキスで止めてないもの)を1部特典でお付けします。「その4」「ひみつの」がもしどちらかが完売した場合には残りの1種類のご購入に対してお付けします。先着順となりますのでご注意ください。


 それはともかく、WUGの続編が発表されましたね...。

 キャラデザが変更すること自体は構わないのですが、作品の方向まで変わってしまいそうなデザインの変更という感じで自分はちょっと困惑してます。

 個人の意見としては、TVシリーズの後に公開された「続・劇場版」2作を再構成して1クールもののTVシリーズにして欲しかったです。続・劇場版(特に2作目)はエピソードをダイジェストにまとめたような印象が強くて、個々のエピソードがちゃんとTV1話くらい使ってくれたらTVシリーズと同じくらいに盛り上がったんじゃないかと思っていますので...。

 監督も替わってしまって別の作品になってしまったような感じですが、始まればまずは見てみようとは思ってます。これでこれまでと打って変わってものすごくWUGが盛り上がってくれたりしたら、それはそれで凄く嬉しいのですが、どうなることか...

2016年12月13日

ユーフォ2期終盤です

 「響け!ユーフォニアム」のアニメ2期の放送もいよいよ終盤にさしかかって来ました。

 この作品は1期でもそうでしたが原作を尊重しつつうまくオリジナル要素(それも主人公に対しての)を追加してくるので、原作既読の身からしても終盤の展開がどうなるのかとても楽しみですし、不安でもあります。

 この終盤、田中あすかに関するエピソードの展開上、1期から所々にさしこまれてきた「特別」というキーワードが改めて浮上して来た気がします。1期では主に麗奈が久美子に対して「特別になりたい」という感情を吐露しました。2期のあすかのエピソードでは、「特別」であるあすかを久美子が「(あすかも)特別ではない単なる高校生」だと伝えることであすかの行動を促します。麗奈にとっての「特別」とあすかにとっての「特別」は同じものではないのでしょうけど、終盤何かこのキーワードが絡んでくるのではないかと思わせるものはあるなと感じています。とくに今度の11話は麗奈のエピソードになるので。

 あすかのエピソードを振り返ると、あすかを翻意させたのは前述の通り「特別なんかじゃない」と伝えた久美子の体当たりの言葉でした。あすかに対しては同じ三年生の小笠原晴香や中世古香織も翻意を促していますが、彼女らはそれこそあすかを「特別である」「特別でいてほしい」と思っているキャラクターたちでした。(わかりやすく、晴香については本人にそう語らせています。香織については言うまでもないですし。)その彼女らの言葉はあすかの理論武装に跳ね返らせて届くことはありませんでした。この三年生たちの距離感はこのストーリー中では変わることはないのかもしれません。ただ自分にはとても興味深いテーマと感じました。

 久美子に関しても、10話であすかに指摘された通り今までは一線を踏み越えることのない人との距離感を保っていましたが、それをあすかに対して打ち破る姿をみることが出来ました。麗奈に対してもこの姿が見られるのか、そして彼女が彼女自身に対して一歩踏み出すところが見られるのか。久美子自身が「特別になりたい」と思うのか。

 これらの「特別」という言葉がはたして終盤にストーリーに絡んでくるのかどうか、いやまったく絡んでこないのかもしれませんが、残り3話をこれまで以上に注目して見ていきたいと思います。

 ってまあ、考え過ぎかなとも思いますが(笑)。

 全然絡んでこなかったら、自分の同人誌のネタにしようと思います。

 その同人誌が出るとしたら来年ですが、まずは今年の話で、12月30日のコミックマーケット91(2日目)にサークル参加します。

 東館 A-57a 麦畑

 ユーフォで申し込んで、ユーフォの本を出します。これまでの3冊の総集編、新刊、フルカラーイラスト本の3種類。全てユーフォ本です。詳細はまた後日に。

2016年9月11日

オーディオ話

 こつこつと冬コミの準備を始めています。

 もちろんユーフォで新刊を出す予定ですが、フルカラーイラスト集とかも出してみたいです。ユーフォの。なのでとりあえず手慣らしも兼ねてこつこつとカラー絵を描きためはじめたところ。

160911a.png

160911b.png

 こういう半脱ぎのイラスト集、というよりは、下着姿のイラスト集って感じにしたいところです。

 それはともかく。

 また(といっても今年初めてですが)、オーディオ関係を一部リニューアルしました。オーディオといってもAV関係ですが。AVアンプのリプレースです。

 これまではマランツのSR6008(約3年前のモデル)でしたが、ヤマハのAVプリアンプCX-A5100に入れ替えました。プリアンプなのでパワー部はありません。これまでも左右フロントはピュアオーディオ用のプリメイン(アキュフェーズE-360)にプリアウト出力していましたし、小型のデジタルパワーアンプ(ナノコンポ NANO-A1)を1台所有していたのでそれをさらにもう一台追加して、これで5チャンネル分のパワー部をまかないます。

 ヤマハのAVアンプはRX-A3060が発売されたばかりなのでこちらも検討しましたが、セパレートアンプはオーディオ者のロマンなので、諸々コストがかかるのは覚悟しつつ5100に。せっかくのヤマハのシネマDSPなので、フロントプレゼンススピーカーを追加して7.1ch構成にしたいところですが、その場合はスピーカーだけでなくパワーアンプも追加の必要がありますので、そうすると10万近くの追加コストが...。これで天井にAtoms用のトップスピーカーを4ch配置して11.1ch構成にした日には追加の6ch分で30万近くの追加コストになります。それでもまあ、11.1chはともかく7.1chは冬くらいには導入したいものです。パワーアンプはNANO-A1をさらに追加して、スピーカーは小型で壁に設置出来るタイプで。検討してるのはケンブリッジオーディオのMIN12です。

 とりあえず出たばかりの劇場版の響け!ユーフォニアムのBDやら劇場版ガルパンBDやらを見てますが、シネマDSPは結構楽しいですね。64bitによるデータ処理の効果はあまりよくわかりませんが。SACDのマルチチャンネルはこれまでの環境に比べると各チャンネルの繋がりがスムーズな印象がありますし明らかに良くなりました。NANO-A1でセンタースピーカーをドライブしている効果もあるのかも。

2016年8月28日

ラブシャらくがき

 今期のアニメ、実はそれほど見てません。ラブライブサンシャイン、NEW GAME!、アルデラミン、Re:ゼロくらいでしょうか。

 ラブシャは9話まで来ました。1クールものなのはBDの発売予定でわかってますが、この構成は2期を作る前提なのでしょうね。とりあえずやっと3年生が合流です。3年生の葛藤していた内容そのものは正直なところ肩すかしでしたが、頑なな印象だった3年生たちが親しみやすくなってきたのがとても良い感じです。はしゃいで千歌ちゃんたち後輩におこられるくらいの勢いを見せて欲しいところ。

 ただ、果南ちゃんのキャラが自分はまだ今ひとつ把握できてません。なのであまりはっちゃけた感じに描けなかった。

160828a.png

 ところでこのサイトのデザインが変わりました。CMSにMovableTypeを使っているのですが、これをようやく最新に入れ替えました。(個人の無償ライセンスが最新版ではもうないのではとなぜか思い込んでました。)問題無く入れ替えは行えたのですが、その後にバックアップも取らずにディレクトリを削除したおかげで、以前のデザインのテンプレートが全て消えてしまいました。ということで、元々搭載されているシンプルなテンプレートを使ってます。

 以前はかなりカスタマイズして色々と自動で更新されるようにしてましたが、もうなるべくデフォルトの状態にした方がいいですね。自分でも何をどうしたか忘れてしまうので。

 で、デザインだけでなく日記の画像についても間違えて削除してしまいました。バックアップがあるものは戻しましたが、たぶん結構なファイルがなくなっているかも。仕方ない。

 あと、日記個々のURLですが、これも変わってしまいました。昔の日記に直リンクしていただいてるニュース系サイトとかには申し訳ないです。

 こういうことがあると、画像を掲載するにしてもpixivにアップしたりする方がいいんでしょうかねえ。今回みたいなカラーでもないようなラフはpixivにアップするのも気が引けるのでそのままアップしてますが。

2016年8月 7日

夏コミ告知

 東京ビッグサイトで8月12日(金曜)に開催されるコミックマーケット90(1日目)にサークル参加します。

 東館のA-72a「麦畑」です。今回も壁の配置をいただきました。ありがたいけど、そこまで混まないんですけどね...

 Twitterとかで書いてますが、6月に自転車に乗っていて車にぶつけられて、地面にたたきつけられた際に右肩を骨折しました。おかげでコミケでは2冊作りたかったところを1冊しか作れませんでした。ホント事故は怖いですね。ヘルメットかぶっていたので頭には全くダメージなかったですが、かぶっていなかったらどうなっていたことか。

 事故直後(意識はあったので)、まずは右手をグーパーして問題なく動くことを確認して安心しましたが、なにしろ肩から二の腕が痛くてこれはコミケ原稿やばいんじゃ...という心配をしました。でも骨折だとは思いませんでしたよ。脱臼なのかなとか。

 今でも完治はしていなくて、腕の可動範囲が狭いのでリハビリに通っています。右腕上にあがりません。

 ということで、新刊はこちらになります。昨年の夏と冬に出した「響け!ユーフォニアム」の本「北宇治吹部活動日誌」の3冊目になります。今回は2年生のなかよし川(中川夏紀&吉川優子)中心の話です。

 表紙込み32P、漫画は26Pで、イベント頒布価格は500円になります。

160807a.jpg

160807b.jpg

 書店委託も行います。虎とメロンでは既に予約が始まってますので、よろしければご利用ください。

 当日ですが、スケブ等は今回もお引き受け出来ません。今回は怪我のこともあるので特にそうなります。あ、差し入れの類は気を遣っていただかなくていいので...

 あと、コミケ限定のペーパーなどはありません。ユーフォのシリーズの立華の話の前編が出たのでそれについてなにかネタが出たらと思ったんですが、前編なのでちょっと難しかった。

 既刊については、
 「北宇治吹部活動日誌その2」(ユーフォ本・昨年冬コミ発行・500円)
 「ハルカトオク」(SHIROBAKO本・今年コミ1発行・300円)
 「すこしだけまってて」(SHIROBAKO本・昨年冬コミ発行・500円)
 「瀬川美里が俺に厳しい本当の理由。」(SHIROBAKO本・昨年コミ1発行・500円)
 「ライラック」(ガルパン本・今年コミ1発行・400円)
を持参します。ハルカトオクは手持ちが少なかったのでそれほどありません。

2016年5月15日

ぽろろーん

 もうじきガルパン劇場版のBDが発売されますねってことで、継続高校のミカさんらくがき。

160515a.png

 GW中に、iMac 5K Retinaに入れていたBootCampのWindows7をまるっと削除して、そのプロダクトキーを使ってWindows10をインストールしました。無料でバージョンアップ出来る間に。その時にSAIの設定は一応保存しておいて、新しくSAIを入れ直した際にそれを戻したのですが、どうもカスタムブラシとかの塗りの感覚が前と違ってて変。たぶん、自分が塗り方を忘れてるせい。

 SAIを使うためにいちいちOSXからWinに立ち上げ直すのもめんどくさいし、Mac上でクリスタで全部まかなえるならそれがいいなと思ったんだけど、カラーイラスト用に線画をざくざく描くのはまだSAIの方がいいな。なのでどうしよう、と悩んでます。


 ガルパン劇場版BDが出る前にAudio&Visual環境をさらに整備したいと思っていて、前はサブウーファを1台追加して2台体制にしようかと思ってたのですが、どうせならAVアンプをヤマハのAVプリ(CX-A5100)に替えたいというのが。ただ、そうするとパワーアンプが1ch分足りないのでそちらも追加投資が必要。まあもうちょっと先でしょうか。マルチチャンネルの音楽再生の強化をしたいので、いずれは導入ということになると思うけど。

2016年4月29日

COMIC1☆10

 5月1日にビッグサイトで開催される同人誌即売会「COMIC1☆10」にサークル参加します。

 新刊は2種で、以下の通りです。

 SHIROBAKO本「ハルカトオク」(オフセット・表紙込20P・300円)

160429a.png

 ガルパン本「ライラック」(オフセット・表紙込24P・400円)

160429b.png

 今回は響け!ユーフォニアムで申し込んでいますが、ユーフォの新刊はありません。出したかった...。

 既刊はユーフォ本2種類とSHIROBAKO本2種類を持ち込んで、新刊と合わせて6種類の頒布となります。

2016年1月10日

iPad ProとApple Pencil

 を導入しました。

 ペンシルの方を去年とりあえず注文するだけしてどうしようか迷ってたんですが、そのまま4週間ほどで発送されたので、合わせてiPad Proも購入しました。(32GBモデル)

 自分は基本的に自宅の作業部屋でしか絵を描かないのですが、平日夜などに疲れてるけどちょっと落書きしたい時、ネーム作業をもっとリラックスしながらしたい時などは寝室(&オーディオビジュアル部屋)でだらりとしながら絵を描ける環境が欲しかったのでした。寝室には机もないので、アナログの作業とか出来ないんですよね。それこそPCでテキストを打ち込むか、寝ころんで手帳にネタを書き込むくらいで。

 候補としてはワコムのCintiq Companion2とかAVIO Z CanvasとかMSのSurfaceとか考えてたんですが、膝の上に置いたりしながら作業するならiPad Proが一番手軽そうだったので。もともとネーム作業やラフな落書きがしたい訳なので、きちんとしたものを描くためのものである必要はなく。

 んで、実際に使ってみると確かにApple Pencilはすごいですね。それほどワコムの液タブとの違いは自分は感じないですが、今までのiPad用に出ていたスタイラスペンの類はなんだったのだという...

 現状は、以前から購入していたProcreateというアプリで落書きして、Evernoteでネームを描いて、みたいな感じで使ってます。Evernoteでのネーム作業はアプリ自体に筆圧感知の機能はないのでその意味でのありがたみはないですが、描きたいところに線がまともに描けるというだけでも素晴らしい。画像を更新する度にアップロードされるので無料のベーシックコースだと月の転送量の上限にすぐ達してしまいそうです。そしたら有償のコースに移りますが。

 とりあえずそうして描いた落書きは今はTwitterにアップしてますが、こちらにもメモ代わりで残していこうかなと思ってます。

2016年1月 3日

SHIROBAKO三昧

 今日は東京MXテレビでSHIROBAKOの一挙放送がありましたが、うちは受信出来ません。なので自宅でBDを放送のタイミングに合わせて流していました。

 んで、それを横目に練習絵。

160103a.png

 今回もクリスタで線画から彩色までやるテストですが、鉛筆的なブラシだともうちょっとキャラを大きく(先日の年賀絵くらいに)描かないとちょっと細部が荒くなるかも。これだったらSAIで描いた方が無理なく描けたかなー。

 しかしSHIROBAKOは本当に良いですね...。当面同人サークルとしてはユーフォメインでコミ1も夏コミも申し込む予定ですが、夏コミでは2冊出すとすればユーフォに加えてまたSHIROBAKO本を作りたいと思ってます。まあ、1月からのアニメで深くはまれる作品があればまた別ですが。

 水島努監督作品と言えばガルパンもTVやOVAのBDを全巻購入したくらいに好きですが、映画も昨日(公開日に引き続き)2回目の鑑賞をしてきました。元々はメカ物は苦手...というよりはメカの区別があまりつけられないので面白さが判らないというのがあって、TVも途中から見た感じなのですが、この作品はそれでも楽しめました。

 とはいえ映画版の後半のぐっちゃぐちゃの展開では初回鑑賞時は面白かったけどなにやってるかあまりよくわからなかったです。でも今回は多少わかりました。相手方の戦車には皆同じマークがついてるのが判ったから、敵味方の区別はなんとかつくようになったので。味方の戦車で誰がどれに乗っているかはまだあやふやですが。

 10回以上観ている方も珍しくない感じの作品ですが、自分はまあ次はなしでBD待ちのつもりです。そのためにそれなりの自宅環境(55インチプラズマに5.1chサラウンド...まあ最低限ってところでしょうか)整えてるわけなので。

月別 アーカイブ